学習会報告

1/2ページ

【活動報告】第5回リカバリーカレッジおおた~合理的配慮を学ぶ~

第5回目のリカバリーカレッジおおたでは、障害の合理的配慮をテーマに企画実施しました。(2月13日・オンライン実施/キリン福祉財団助成事業) ゲストには山田裕一さん(立命館大学生存学研究所客員研究員/障害児者相談支援専門員・精神保健福祉士)をお招きして、熊本地震における事例などを交えながら、障害の合理的配慮の考え方の解説をいただくとともに、精神障害・発達障害領域特有の困難さについてのもお話いただきま […]

第4回リカバリーカレッジおおた(WRAPをオンラインで体験してみよう全3回)

第4回リカバリーカレッジおおたは、WRAPのオンライン体験(全3回)として実施しました。 第1回…12月4日(金)19:00〜21:00 テーマ:WRAPの概要+元気に役立つ道具箱 第2回…12月11日(金)19:00〜21:00 テーマ:日常生活管理プラン 第3回…12月18日(金)19:00〜21:00 テーマ:希望 WRAP(Wellness Recovery Action Plan:元気回 […]

【報告】第3回リカバリーカレッジおおた実施(11月27日)

第3回リカバリーカレッジおおた(11月27日)を実施しました。 今回のテーマは「新型コロナウィルス」最近では第3波も言われているところですが、感染症対策の一環として、ソーシャルディスタンスやオンラインでのコミュニケーションが推奨されるなど、生活様式にも大きな”変化”をもたらしています。 まだまだ最中の時期ですが、この時期だからこそ顔を合わせた対話の場を創りたいと考えて小規模での対面開催といたしまし […]

  • 2020.11.09

【報告/動画公開】『精神障害者が語る恋愛と結婚とセックス』発刊記念 /第2回リカバリーカレッジおおた 2020/ 9/25実施

【企画概要】 第2回リカバリーカレッジおおたは、『精神障害者が語る恋愛と結婚とセックス』(明石書店)の発刊記念として開催しました。書籍のタイトルは刺激的ですが、いわゆる恋愛至上主義のそれではなく、精神障害があることでの障壁をいろいろな角度の当事者目線で書かれています。恋愛の領域に答えは一つではないと思いますので、悩める方にはいろいろと探るヒントがあるかもしれません。 そこには、当事者の恋愛を良しと […]

【報告/動画公開】リカバリーカレッジってなに?ほか/第1回リカバリーカレッジおおた 2020/ 7/17実施

第1回リカバリーカレッジおおた、盛況のうちに無事に終了することができました。ご参加&広報の応援ありがとうございました。 当日は、大田区近郊の方に限らず、全国津々浦々から100人超を越える方にご視聴をいただきました。すでに各所でリカバリーカレッジを取り組まれている方からは、エールもいただき大変励みになりました。私たちもリカバリーカレッジに相応しい場づくりに取り組んでいきたいと思います。どうぞ […]

【報告】障害当事者によりパラレルレポート完成報告会

  (企画趣旨・概要) 障害者権利条約批准から5年が経とうしています。 障害の社会モデルの考え方をはじめとして、障害福祉施策の大きな変革の過渡期を日本は迎えてきました。 第1回目となる障害者権利条約の締約国審査が目前となっています。 障害者権利条約のパラレルレポート作成に関わる障害当事者による報告会を開催しました。 そもそもパラレルレポートとはなにか、その中身や意義などをお伝えしました。 […]

【報告】自分の思いを言葉にしよう!「デジタル・ストーリーテリング ワーク ショップ2018&上映報告会」

精神障害当事者会ポルケは、当事者としての「言葉」を紡ぐことを活動の基礎としてきました。月に1回ペースで開催している「お話会」では、当事者としての経験や思いの共有を目指してきました。 同時に共有された悩みや時には怒りについて、課題提起してきました。 今回のプロジェクトは、デジタルストーリーテリング(DST)という簡易な映像制作の手法を用いて、精神障害当事者の思いを形にし、さらにそれを用いた発信を目標 […]

【報告】ポルケ学習会「当事者活動が担う地域社会での役割とは? ~ 精神障害者にも対応した地域包括ケアシステム実施に向けて~」

  (企画趣旨・概要) 精神障害を経験する仲間が集う当事者活動は、大小さまざまな形で展開されてきました。マイノリティー同士の居場所・交流、助け合い活動、学習活動など取り組む内容はさまざまです。お互いを尊重し普段なかなか口に出来ない胸の内を共有できる仲間たちとの場は格別なものです。 そのようなピアサポートの役割が今年度から始まっている第四次障害福祉計画において、重点施策にも謳われるようにな […]

【報告】『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の 100 年』 上映&シンポジウム in おおた 

地域関係者の協力のもとおかげさまをもちまして、「『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の 100 年』 上映&シンポジウム in おおた」の企画は、300人を越える方々にご来場いただき、成功裏に終えることができました。 当事者会、家族会、福祉関係者など垣根を越えて、今後も地域活動に取り組んでいく所存です。 実行委員会として報告書をまとめましたので下記転載いたします。 ご一読いただけますと幸甚です。 […]

【報告】ポルケ学習会 「 精神障害者がもっと無理なく楽しく働くために ‐私たちが提案すべきことってなんだろう?‐」

(企画趣旨・概要) 2018年4月、障害者雇用促進法改正に伴い、障害者の法定雇用率に精神障害者(精神保健福祉手帳保持者)が新たにカウントされるとことになりました。今後ますます企業での障害者の雇用促進が進もうとしています。特に精神障害者には、5年間の時限措置として、精神障害者の雇用率カウントの特例措置が始まります。一方で、精神障害者の障害者雇用の数そのものは他の障害と比較して、絶対数が少なく、精神障 […]