障害者権利条約批准から5年が経とうしています。
障害の社会モデルの考え方をはじめとして、障害福祉施策の大きな変革の過渡期を日本は迎えてきました。

第1回目となる障害者権利条約の締約国審査が目前となっています。障害者権利条約のパラレルレポート作成に関わる障害当事者による講演会を開催します。パラレルレポートとはなにか、その中身や意義など含めて学びを共にしたいと思います。精神分野を特に掘り下げる予定です。初心者の方向けです。

こんなひとにおススメです!
☑ 障害者権利条約聞いたことあるけど、勉強してみたい方
☑ 障害者の権利擁護やピアサポート活動に興味がある方
☑ 福祉サービスを営む方で虐待防止などに関心ある事業者の方
☑ 精神障害に関する人権課題を勉強したい方
☑ とにかく当事者活動を応援したい方
☑ 障害分野に限らず、国連人権メカニズムに興味がある方

講演終了後は、名刺交換会(同会場)と懇親会(近隣居酒屋さん)を予定しています。
奮ってご参加ください(^^)/

第1部:
パラレルレポート作成に取り組んで
~制度を変えるが社会を変える~
話題提供:山田悠平(大田障害者連絡会代表)

第2部:
精神障害分野の人権課題について(仮)
~14条政府解釈の問題点とこれからの展望について~
話題提供:桐原尚之(全国「精神病」者集団 共同代表)

第3部:調整中

◆◆◆◆◆◆◆

日時:2019年7月26日(金)19時~21時(18時30分開場)
会場:大田区立消費者生活センター大集会室
定員:80名
申込:https://forms.gle/ApzfyDLG7dcHvXXC8
資料代:1,000円(当日受付。領収書発行します)
共催:大田障害者連絡会、全国「精神病」者集団、精神障害当事者会ポルケ
問い合わせ:080-5484-4949(担当:山田)