団体紹介

精神障害当事者ポルケは、精神障害当事者によって運営される障害者・当事者団体組織として、2016年夏に発足し、今年度で3期目を迎えます。

東京都大田区や周辺地域で、月例の交流会「お話会」や「学習会」を開催してきました。

特に昨年度力を入れたのは、「私たちとは何者か」をテーマにした連続学習会でした。

私たちの障害は「目に見えない障害」「わかりにくい障害」と評されることが多々あるように、自分たちの障害に対する理解の促し方が難しく、カミングアウトのタイミングや方法に悩むことも多いです。

ポルケのメンバーにも、職場や学校、ときには家族にも自身の障害を隠しながら暮らしている人も多くいます。

一方で、私たちは、私たち自身のこと、そして私たちの気づきや思いをもっと社会に訴えていく必要があります。

今年度は、定着化した当事者交流のお話会を定期開催し、引き続き学習活動等にも取り組み、当事者活動の魅力と意義を広く社会に発信していきたいと思います

今年度は、「草の根市民基金・ぐらん」様「Heart & Artsプログラム」様からそれぞれ助成をいただくことが出来ました。

今後とも活動を推進していきます。
よろしくお願いいたします。

2018年5月30日
精神障害当事者会ポルケ
代表 山田悠平