【ご報告】東京都障害者差別解消条例でのあっせん申し立てが成立!

【ご報告】東京都障害者差別解消条例でのあっせん申し立てが成立!

東京都事業の公開セミナーにおいて、「精神障害のある人はお断り!」とされてからの一連の事案について問題提起して、1年越しで一つの節目を迎えました。いろいろお気遣いいただいた皆様ありがとうございました。

東京都障害者差別解消条例のスキームに則り、東京都障害を理由とする差別解消のための調整委員会があっせんというものを提示してくれました。本件が東京都第1号案件だそうです。(途中で根気負けする人もいるとかいないとか、それぐらい負担があるということです。。。)

▼東京都保健福祉局 ページしたの方にあります
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/…/hunsoukaiketu.…

 

これだけ読んでも意味不明だと思いますが、プライバシー保護だそうです。
いわゆる裁判外司法ということで早期妥結が期待されていましたが、ここまで延びた理由もはっきりと示されているとは思っていません。言いたいことは山ほどあります。ということで、昨日は都庁に赴き担当者と懇談をしてきました。ただ、こちらばかり話しても(文句しても)仕方がないので、「現場の意向」を確認しつつ、現状の仕組みの課題点と解決すべき方向性について中身のある議論ができたように思います。

早々に提言書を作成し、東京都に提出したいと思っています。協力いただける議員さんにも働きかけていきたいです。よろしくお願いします。

▼本件のこれまでの流れ(概略)
https://porque.tokyo/2019/02/22/2019-02-21/

 

↓シェアをお願いします↓

日々の活動報告カテゴリの最新記事