大田区) 移動支事業者連絡会発足にあたってのお願い(要望書)

大田区と障害福祉サービスに関して懇談・意見交換を重ねてまいりました。
特に、昨年の懇談の折には、移動支援サービスの連絡会の設置を強く求めていたところでした。

来年度より、移動支援サービスに関する連絡会発足が行政主導により設置が予定されているとの情報を得たので、大田区障害福祉課宛に以下の要望書をお渡ししたのでご報告いたします。

ご意見、ご不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームよりお願いします。


 

2019年3月12日

大田区 福祉部
障害福祉課 御中

精神障害当事者会ポルケ
代表 山田悠平

移動支事業者連絡会発足にあたってのお願い(要望書)

拝啓 日頃より大田区の障害者施策推進をいただきありがとうございます。私たちは精神障害当事者により運営をされる当事者団体です。大田区自立支援協議会の参画をはじめとして、大田区の障害福祉について、民の立場から行政及び議会に各種提言等に取り組んでまいりました。

当会は、2017年から複数回の行政懇談を重ね、移動支援事業者の連絡会創設を要望してまいりました。おかげさまで、来年度から区主導のもと、連絡会の実働が予定される見越しと耳にしています。他方で、精神障害者の移動支援サービスについて、改めて以下の点がより具体的な課題となっています。今後、事業者連絡会で下記の点について検討いただくよう働きかけのほどよろしくお願いします。

 

  • 精神障害者へのサービス提供を増やしてください

    行政の支給決定に対して、思い通りにサービスが利用できていません。受け入れの不足は深刻です。精神障害者の移動支援サービス利用者は身体介護を必要としないものも多く、事業者には非常に割に合わない仕事のようで、対応する事業者が他の障害と比較しても特に少ないです。報酬単価を上げてください。

また、決まった曜日、時間帯での利用に限らないので、往々にして固定シフトではお願いできないことで事業者からはさらに敬遠されがちです。そういった課題意識を当事者が有していることを改めて認識してください。

 

  • 複数事業者との簡易な連絡体制構築を希望します

    サービス利用のために複数事業者に依頼することがあります。その連絡調整は、当事者には負担となっています。複数事業者との連絡ツールや方法について、簡易になるような仕組みづくりをお願いします。

  • 移動支援従業者養成研修における精神障害の扱い

    知的障害者移動支援従業者養成研修の修了制度は、大田区では精神障害者の移動支援サービスの提供資格の担保となっています。しかし、この研修では精神障害に対する学びやケアについて、触れることはほぼありません。精神障害者へのサービス提供を見据えて、研修実施をする事業者は精神障害のことも扱うように働きかけをお願いします。

  • 事業者リスト整備について

    サービス提供の事業者を探す際、大田区から事業者リストの提供があります。そのリストに基づいて、多くの障害当事者や家族はサービスを提供してもらえる事業者を探します。しかし、そのリストはいささか勝手が悪いものです。(例:字がとても小さい。移動支援事業の身体介護を扱うか否かの項目がない、電話番号が通じないものがあるなどの報告があります)提供リストについての改善の働きかけをお願いします。なお。現在、当会では、現実的に活用できるリストを再整備する取り組みを計画中です。

  • 利用者との懇談会を開催してください

    サービス提供側の悩みや課題意識もおありかと思います。今後、大田区でより良いサービスが広がるために、利用者と平場で対話できる機会をぜひ作ってほしいです。

以上

 

【要望書公開】大田区障害者権利条例を作る会主催 大田区議会との懇談

2019年3月12日大田区障害者権利条例をつくる会が主催する大田区議会議員との懇談会に参加しました。

条例に関連して、福祉サービスの利用実態に関して、意見をお届けしました。
この間、行政・議会への要望書類は公開をしてこなかったのですが、今後なるべく公開をと思います。


2019年3月12日

 

各 位

精神障害当事者会ポルケ
代表 山田悠平

大田区の障害福祉施策のさらなる推進に向けて(要望書)

拝啓 日頃より大田区の障害者施策推進をいただきありがとうございます。私たちは精神障害当事者により運営をされる当事者団体です。大田区自立支援協議会の参画をはじめとして、大田区の障害福祉について、民の立場から行政及び議会に各種提言等に取り組んでまいりました。

さて、本日の懇談にあたり、今後大田区での障害福祉施策推進のために、いくつか要望事項を取りまとめいたしました。今後のさらなる施策推進として、お取り上げいただけますと幸甚です。よろしくお願いします。

敬具

(1)大田障害者権利条例制定に向けて審議加速をお願いします

障害当事者・家族の意見が反映された条例を望みます。区内のニーズや意見聴取に関しては、大田区障害者権利条例を作る会(以下、作る会)が、多様な障害者団体や福祉施設に訪問をしてヒアリングを行っています。作る会でとりまとめている素案は、区民ニーズを代表する正統性を持っています。議会審議の際は、作る会の素案を尊重した審議をお願いします。

 

(2)東京都差別解消条例を推進するために期待される大田区としての取り組み

東京都では昨年、2018年10月に東京都差別解消条例(以下、都条例)を施行しました。民間事業者への合理的配慮の提供が法的義務として定められるなど、障害者差別解消法の上積みは評価できるものです。他方で、都条例の認知不足や一部の民間事業者から戸惑いの声があがるなど、推進には課題が残っています。都条例の推進のためには、区としてもさらなる環境整備が必要です。民間事業者が実施する障害理解のための啓発プログラム実施やバリアフリー対応改築工事等について、区独自の補助制度を制定するよう希望します。区の条例上規定されることはなお望ましいと考えます。

また、この間、当会は障害福祉課所属の大田区職員を障害者差別解消法、都条例に基づき、障害を事由とした差別案件として相談申し立てを行っています。障害差別の相談に関する担当所管は障害福祉領域に限られており、利益相反がないか疑義が生じています。差別案件対しての相談窓口を総務課、人権・男女平等課等にも併設してください。

(3) 来年度の大田区内の移動支援事業者の連絡協議会発足にあたり

当会は、2017年から複数回の行政懇談を重ね、移動支援事業者の連絡会創設を要望してまいりました。おかげさまで、来年度から行政主導ではありますが、実働が予定される見越しとなりました。他方で、精神障害者の福祉サービス利用全般について、改めて以下の点がより具体的な課題となっています。議会審議の際には、最大限のご留意をいただき、制度運用や仕組みの改善をお願いします。

 

  • サービスの利用申請に対して

サービスの利用申請にあたり、大田区職員の事前の聞き取りが行われています。制度利用が可能かの要否の情報提供がある一方で、申請の抑制としても機能してしまっていることに憂慮しています。同様の相談が当会には複数寄せられています。窓口対応の抑制により、統計上において潜在的な区民ニーズが見えなくさせられ、ひいては制度改訂の政策的判断を見誤らせるもの恐れがあります。運用上のルールは尊重されるべきですが、申請それ自体を拒む理由にはならないはずです。抜本的な実態調査をお願いします。

 

  • サービス提供する事業者及びヘルパーの数の不足

行政の支給決定に対して、思い通りにサービスが利用できていません。受け入れの不足は深刻です。精神障害者の移動支援サービス利用者は身体介護を必要としないものも多く、事業者には非常に割に合わない仕事のようで、対応する事業者が他の障害と比較しても特に少ないです。また、決まった曜日、時間帯での利用に限らないので、往々にして固定シフトではお願いできないことで事業者からはさらに敬遠されがちです。

体調の極端の悪化を防ぐにも適度な外出機会は精神障害者にとっても重要です。区としてもヘルパー不足解消に向けてのさらなる推進をお願いします。

 

  • 移動支援従業者養成研修における精神障害の扱い

知的障害者移動支援従業者養成研修の修了制度は、大田区では精神障害者の移動支援サービスの提供資格の担保となっています。しかし、この研修では精神障害に対する学びやケアについて、触れることはほぼありません。精神障害者へのサービス提供を見据えて、特に区が実施する研修では精神障害のことも扱うように働きかけをお願いします。

 

  • 事業者リスト

サービス提供の事業者を探す際、大田区から事業者リストの提供があります。そのリストに基づいて、多くの障害当事者や家族はサービスを提供してもらえる事業者を探します。しかし、そのリストは勝手が悪いものです。(例:字がとても小さい。移動支援事業の身体介護を扱うか否かの項目がない、電話番号が通じないものがあるなどの報告があります)区民がしっかりと活用できる資料を提供するように働きかけをお願いします。

以上

 

【報告】第22回ポルケお話会開催

2018年9月2日 @東京都障害者福祉会館 和室

 

午前中の雨音の激しさには少しびっくりました。

 

まだまだ暑いですが、季節の移ろいを感じる今日このごろです。

 

今回はじめての参加者の方2名も含む、計10名の当事者が集まっての開催となりました。

 

今回のテーマは「精神科医療について」です。

幾度となくお話会の中であがってきたトピックのひとつです。

 

「医療のおかげで症状が和らいだ」「体調の回復に欠かせなかった」という声も聞かれますが、

 

往々にして、「ちょっとこれはないよね」「そんなことはないよね」といった怒りや戸惑いの声を聞くことの方が多かったように思います。(きっと他の会でもそうだと思います。)

 

以前どこかの回で、体調が悪そうな友人に精神科医療をすすめられるかという問いに、

 

「んーちょっとね」。という反応が多くのメンバーからあったのを記憶しています

 

「んーちょっとね」。を言葉化してみよう、今回はそういった趣旨で実施となりました。

1)精神科医療とのつながりのきっかけ

 

2)通院・入院してよかったこと

 

3)通院・入院してこまったこと(ここは変えてもらいたい)

 

4)私たちにできそうなことはなんだろう

 

そのよう流れで行いました。

 

1)精神科医療とのつながりのきっかけ

ちなみに今回参加した年齢層は20代から50代、女性が4人、男性が6人と幅広い層の参加となり、

 

また、現在の診断名も統合失調症、双極性障害、摂食障害、社会不安性障害、発達障害etcと多岐にわたりました。

 

思い返すと「環境の変化」にともない「身体に異変」があったという声が多かったです。

 

友人・恋人関係の悪化、職場の異動、3.11東日本大震災etcの環境の変化。

 

頭痛。睡眠不足。悩みがずっと頭から離れないといった身体の異変。

 

はじめは他の神経内科などにかかり、精神科医療につながった、そういうメンバーもいました。

 

他方で、娘の診察をきっかけに、WEBサイトのセルフチェックで受診したというメンバーもいました。

 

多くのメンバーに共通したのは、受診そのものに戸惑いや不安の感覚を覚えたということです。

それは私たち自身にとって精神科医療が身近ではなかったということの裏返しかもしれません。(良くも悪くもです)

 

2)通院・入院してよかったこと

精神科医療そのものの役割を否定されるとも思えないので、「よかったこと」これについても経験や思いを共有しました。

 

脳の病気、診断名がおりたことで、自分のコンディションの変化に説明がついた、

 

これが多くのメンバーからコメントが出ました。

 

あるメンバーからは、今までの人生で自分か抱えてきたものがみえて、ある種のアイデンティティにもなったというコメントも聞かれました。

 

ただ、診断名に関しては説明されれば、そうなんだなと思うが、よくわからないものという声も聞かれました。(その後、コロコロ変わったという声も)

 

あとは、体調そのものがよくなった、という声も聞かれました。

眠れるようになった。食欲が安定した。(ヒトの根幹ですよね)

 

3)通院・入院してこまったこと(ここは変えてもらいたい)

続いて、精神医療の「変えてほしいところ」について、それぞれが思いを語りました。

 

診察については、3、4週間の状態を話すには、診察時間が短すぎる、診断結果が客観的かどうかの保証がない。

といった意見から、お医者さんとのコミュニケーションの取り方が難しいといった意見も聞かれました。

 

障害者手帳の存在など福祉サービスの情報がなかなか手に入りにくい、薬の副作用が気になるというコメントもありました。

 

4)私たちにできることはなんだろう

精神医療の課題について話し合った後に、ではどうしたらもっと良くなっていくのだろうかと、アイディアを探りました。

 

脳や血液の検査などによる数値での客観的な判断ができる診察方法があると嬉しい、診察時間を長くしてほしいというコメントがでました。

 

診察時間の短さをカバーするために、待ち時間に数週間の自分の体調や薬の飲み忘れなどを記入する紙があるとよい、また、日常的に体調や体重をアプリなどに記録しておき、それを診察に活用するのはどうかといった意見が聞かれました。

ポイントが貯められて何か使えるとかちょっとしたゲームができるとか遊び要素があっても良いよね、といったコメントも。

 

もしかしたら、服薬や食事、睡眠時間といった情報が事前に医師に伝われば、診察に役立つかもしれませんね。

 

 

精神医療そのものが変わっていくことに加えて、日常の場面で社会が変化していくのも重要なのではというメンバーもいました。働き方や公共交通など社会のバリアが減っていくことで、より暮らしやすくなるかもしれません。

 

今回は、メンバーそれぞれが色々な思いをもっていて、ポジティブに提案がうまれてきたりもしました。今後もポルケでは普段の楽しいお話もしつつお話会を運営していきます。

 

次回は、10月7日(日)13:30からです!ぜひ、参加してくださいね。(山田・町田)