【活動紹介】The Valuable 500に関連した日本財団プロジェクトの参画について

【活動紹介】The Valuable 500に関連した日本財団プロジェクトの参画について
「The Valuable 500」をご存知でしょうか?「The Valuable 500」は、2019年1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にて初めて発足した障害とビジネスをテーマとしたプロジェクトです。
 
障害のある人(精神障害ももちろん含まれます)がビジネス、社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような改革をグローバル企業が中心となって推進することを目的としたものです。障害者雇用や障害のある人へのサービス提供など、署名した企業はそれぞれ取り組みを表明し、私企業として経済的価値と社会的価値を追及することを目指すものです。
現在国内では約40社が署名をしている状況です。
 
▼参考記事:世界最大規模の経営者ネットワーク「The Valuable 500」を支援 世界の有力企業500社が障害者雇用で結束 日本の企業39社も参画
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000173.000025872.html
 
現在、今年の5月開催のダボス会議に向けて日本財団が発行するハンドブック制作の取り組みにポルケのメンバーも参画しています。これまで障害コミュニティに蓄積されてきた障害者権利条約や障害の社会モデル/人権モデルについてなどを当事者目線でそのエッセンスをお伝えなどしたり、The Valuable 500の国内署名企業へのインタビューを担当しております。
この度、取り組みを紹介する日本財団ジャーナルの連載記事第一号がリリースされましたのでご紹介させていただきます。取り組みにご注目いただけますと幸いです!
↓シェアをお願いします↓

日々の活動報告カテゴリの最新記事