旧優生保護法救済法成立しましたが・・・

子どもをもつことは、誰しもが認める権利です。
日本国憲法には幸福追求権というものがあり、法的な位置付けにおいても普遍的な価値として尊重されるべきものです。
しかし、現行憲法が制定された1948年~1996年まで、この国には優生保護法という法律がありました。
この法律により、障害があるために、不妊手術がおこなれ、生殖能力を強制的に奪われた人が数多くいます。

麻酔薬を投与されるなどして、強制的に手術を受けさせられた人も多くいるので、ご本人自身が手術を受けたこと自体をご存知ない人もいると言われています。
被害者への「おわび」と一時金320万円の支給を盛り込んだ議員立法の救済法が24日午前、参院本会議で全会一致で可決され、成立しました。

救済策を検討してきた与党の作業チームと野党を含む超党派の議員連盟は国会内でそろって記者会見しました。



超党派の議員連盟の会長を務める自民党の尾辻元参議院副議長は、「関係する皆さんがお年を召しており、まずはおわびを示したいという思いで作業してきた。短い期間で成立させることができたことは大変よかった」と述べました。

一方、おわびの主体を「我々」としたことについて、議員連盟のメンバーで立憲民主党の西村智奈美衆議院議員は「主に念頭に置いているのは旧優生保護法を制定した立法府と、執行した行政府だ。戦後初めて議員立法で成立した法律への立法府の責任は重く、けじめをつけなければいけないという思いがあった」と述べました。

出典:NHKニュース2019.4.24
旧優生保護法救済法成立「これで終わりでない」超党派議員連盟


そして、本来、患者を守る立場だった精神科医や入所施設は強制手術に抵抗することなく、むしろ加担してことが明らかになっています。
「精神障害者の遺伝を防止するための優生手術の実践を促進せしむる財政措置を講ずること」として、過去に精神科医療業界の日本精神衛生会と日本精神病院協会は陳情書を提出しています。

このこと自体について、注目されてもいいように思います。
医療業界としての総括が待たれるところです。



救済法成立し、首相談話が発表されました。




本日、旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律が成立いたしました。

 昭和23年制定の旧優生保護法に基づき、あるいは旧優生保護法の存在を背景として、多くの方々が、特定の疾病や障害を有すること等を理由に、平成8年に旧優生保護法に定められていた優生手術に関する規定が削除されるまでの間において生殖を不能にする手術等を受けることを強いられ、心身に多大な苦痛を受けてこられました。このことに対して、政府としても、旧優生保護法を執行していた立場から、真摯に反省し、心から深くお詫び申し上げます。

 本日成立した法律では、厚生労働省が一時金の支給の事務を担うこととされています。今回の法律が制定されるに至った経緯や趣旨を十分に踏まえ、政府として法律の趣旨や内容について、広く国民への周知等に努めるとともに、着実に一時金の支給が行われるよう全力を尽くしてまいります。

 また、このような事態を二度と繰り返さないよう、全ての国民が疾病や障害の有無によって分け隔てられることなく相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向けて、政府として最大限の努力を尽くしてまいります。

旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律の成立を受けての内閣総理大臣の談話


 しかし、先日こちらにも記した通り、優生保護法が定めた優生手術に関する規定の削除以降も、障害や疾病を理由にして、生殖を不能にする手術等を受けることを強いられた人々もいます。

残念ながら、これらのことは置き去りになったままです。
自身が関わる日本障害フォーラム(JDF)の差別解消委員会で言及もしました。
JDFの声明では、それらの課題を含めて、今後の課題についても言及をしています。



「旧優生保護法に基づく優生手術を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の成立にあたっての声明

日本障害フォーラム(JDF)
代表 阿部 一彦

 私たちは、3月5日に「旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム」を参議院議員会館で開催し、300人近い参加者とともに優生保護法被害者のための新たな法律が憲法の精神に立脚し、障害者権利条約など批准されている関連の国際規範に則り、被害者の立場に立った、立法府の良心に恥じない水準であることを求めました。
 「旧優生保護法に基づく優生手術を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」が4月24日に全会一致で成立しました。これまでの党派を超えての取り組みに、敬意を表するものです。しかしながら、訴訟原告や支援者が求めた内容には遠い状況にあり、法制定後もきめ細かい丁寧な対応ができるよう支援を続けていく必要があります。

 2018年1月の仙台地裁への提訴に始まり、全国7地裁で20人の原告が優生保護法被害を訴え裁判に立ち上がっています。法案審議にあたっては、「私たち抜きに私たちのことを決めないで」という障害者権利条約の理念が尊重されたとは言えず、さらに、法によって強制的に傷つけられた身体は元に戻すことはできないうえに、子どもを持つか持たないかを選択する権利を奪われるという重大な被害にもかかわらず、320万円という補償額も納得できるものではありません。

 法は成立しましたが、旧優生保護法被害の問題は根本的に解決したわけではありません。私たちは、自らの意思を伝えにくい人が、法律によって国民としてあたりまえの権利を奪われた事実を重く受け止め、長年の間、心身の痛みや苦悩を抱えて生きてきた優生保護被害裁判の原告や今もって声を上げられない被害者を支援していきたいと思います。一時金支給の手続きや、それに関わる周知と相談などが丁寧になされるとともに、今後の調査と検証の作業、さらには補償の期間やあり方などを含めた法制度上の検討が引き続き行われ、またその過程に障害者団体の実質的な参加がなされるよう求めます。
 なお旧優生保護法を超えて、その後も現在まで実施されている本人の意に反した不妊手術等の実態についても解明し、そうした不妊手術等が起こらないよう私たちは引き続き取り組みます。

「旧優生保護法に基づく優生手術を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の成立にあたっての声明


不妊手術を是としてきた価値観は、残念ながらまだまだ根深く残っています。
例えば、今もなおとして、障害者施設によっては、施設管理や本人の健康のためとして、恋愛それ自体を禁止しているとこともあります。

現在、精神障害当事者会ポルケでは、恋愛・育児・結婚を切り口にした当事者の体験レビューを踏まえた本作りに参画しています。
マイナスな価値観からパラダイムシフトするとともに、それへの必要なサポートの環境整備が求められます。
当事者の声を通じた課題提起をポルケでは引き続き行ってまいります。(文:山田)

【報告】第20回ポルケお話会開催

7月22日(日)13:30~15:30 @東京都障害者福祉会館

 

全国的に暑い日が続いていますね。ポルケ運営メンバーは、7月13日から16日にかけて熊本を訪れ、熊本で活動する発達障害者当事者会「リルビット」の皆さんと交流を深めてきました。

 

さて、7月のお話会では、前回に引続きテーマを設定しました。前半は、「恋愛」をテーマに、それぞれの体験や困ったこと、良かったことなど話し合いました。後半はいつものように、フリートトーク。

参加者は、全部で14名。参加してくださった皆さま、いつもありがとうございます。

「恋愛」をテーマとした前半では、どのタイミングで障害についてパートナーや相手に話すか、話してしまったことで態度や感情が変わってしまうのではないかといった悩みや不安が出ました。一方で、障害をもっていたからこそ、相手が障害をもっていた場合に優しい気持ちでサポートできるといった、良かったことなども意見が交わされました。

 

後半のフリートークでは、参加者全員で輪になってお話しました。恋愛に続いて、結婚の話題が出たりと様々なことを話して、一度お開きになった後も、しばらく雑談が続き、盛り上がりました。

次回は8月5日(日)13:30~15:30@東京都障害者福祉会館でお話会が開催されます。ぜひ、ご参加くださいね。

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症等にお気をつけて素敵な8月をお過ごしください。

【報告】 第14回 ポルケお話会 開催

121日(日)13301600

@東京都障害者福祉会館 和室A

とても寒い曇り空((´д`))

2018年最初のお話会を開催し、9名の方に参加いただきました。

 

実施日の前に、会場である東京都障害者福祉会館の方より「改修工事の関係で空調の効きがよろしくないので防寒をしてきてください」、とのご連絡をいただき、前日に参加者の方へその旨連絡をさせていただきました。

・・・が、当日お部屋へ入ると思いのほか寒くなく、空調は効いている…?とすこし拍子抜けしながらのスタートでした。しかし暖かいお部屋で開催できて良かったです^_^

 

アイスブレークのテーマは、「私の風邪対策」。

冬の大敵、風邪をひかないようにするには、というテーマでしたが、やはり手洗い・うがい・マスク、がテッパンでした。

また、飲み物で予防する方も多めで緑茶やハーブティ、甘酒など、風邪だけではなく癒し効果もありそうなもので対策している方もいらっしゃいました。

 

 

今回挙がったテーマのうちのひとつは、ずばり「恋愛・結婚」について。今までのお話会であまり出なかったテーマです。

・パートナーを探す、またはお付き合いをするうえで、自分の障害をいつ打ち明けるのがいいのか悩ましい。

・体調が悪化した時にパートナーに伝えづらい。(見た目は元気に見えてしまうので。)

・障害当事者は異性に出会える機会が少なく、出会いがあっても恋愛に発展しにくい。

・障害を前面に出すだけではなく、自分の良い部分や自然体の部分も出してアピールをするのがいいのでは。

・自分の抱えている障害を最初に打ち明ける時点ですべて伝えきるのは不可能。共に時間を過ごしながら少しずつ伝えて、育んでいきたい。

 

結婚から派生して、「家族との関わり方について」も話し合いました。

・家族からの理解がない。

・家族にもう少し障害のことをわかってもらいたい。

・入院時には関係性は良好でも、退院したら治ったと思われてしまい、良好な関係性が取れなくなって大変な時期があった。

・複数の障害を抱えているがそのうちの一部しか打ち明けていない(偏見やショックを持たれそうだから)

・家族以外に信頼できる人がいるのでその人との関係性も大事にしたい。

 

みなさんいろんな気持ちを話してくれました。

どれが正解、不正解ではなく本当に家族の在り方は様々なんだと感じました。

 

また、今回のお話会では、ポルケ以外にみなさんが参加されている自助グループを紹介し合う時間がありました。

自助グループ同士の横のつながりができていったら、より一層何かの可能性が広がるかも…と淡い期待を感じました。

 

今回もゆる~い感じで閉会となりました。

ありがとうございました。

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+**+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

~イベントのお知らせ~

 

「当事者性を活かした 支援・働き方とは? ~ピアスタッフの現場から~」

日時:2月10日(土)13:30~16:00

 会場:入新井集会室・小集会室

 JR大森駅東口徒歩3分・大田区大森北11014)

※残席僅かとなっております。

詳細URLhttp://porque.webcrow.jp/archives/552

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+**+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*