【報告】「ふくしまピアのつどい2019」に参加してきました

以前開催をした第3回ポルケ学習会でお話をしてくださったご縁で横浜ピアスタッフ協会(YPS)よりお誘いいただき『ふくしまピアのつどい2019』に参加してきました。

 

日時:2019年3月28日(木) 12:30~17:00

開催場所:ビッグパレットふくしま 小会議室2・3(福島県郡山市)

午前7:00に大型観光バスでYPSのみなさんと一緒に福島へと出発。

バスの中は和気あいあい、笑い声が絶えない道中でした。

ポルケからは私一人の参加でしたが、優しく声をかけてくださる方もいらっしゃり、そしておいしいサンドイッチやお菓子などもいただいたりで遠足みたいでたくさんたくさん笑いました。

 

ビックパレットふくしまに到着。

とても大きくて立派な会場です。

研修は福島県精神障がい者ピアサポーター活動支援事業として企画されたイベントです。

福島県はピアサポーター育成・雇用促進を県のプロジェクトとして進めています。

育成計画は進んできているのですが、雇用者側がいきなり雇うことに不安を示すこともありピアサポーターが実際に雇用につながるケースは少ないのが現状のようです。

 

また、ピアサポーターとして職場体験をした方々やピアサポーターとして働く方々のお話を聴くこともできました。

 

「グループホームでの職場体験で、最初はとても緊張したが、徐々にコミュニケーションがとれるようになれてうれしかった。」

「体調管理がむずかしくいつも元気でいられるわけではないが今まで仲間の支えがあってピアサポーターとして働けている。」

「みんなで楽しいイベントを企画して当事者の憩いの場を築いていきたい。」

 

サポートを受ける側だけでなくピアサポーター自身も生きがいを感じてよい方向にむけることってとても素晴らしいことだと思います。

福島県がこのプロジェクトを推進しモデルケースとなり、全国的にピアサポートが普及していきたくさんのピアサポーターが活躍して働く喜びを感じられるようになるといいな、と思いました。

 

後半はYPS側の紹介からスタートです。

YPSの会員やつながりがある当事者、支援者が自己紹介をしていきました。

ポルケも活動内容や目的、YPSの皆さんとのご縁についてお話をさせていただきました(緊張しました(;^_^A)

 

YPSの方々からも活動内容の紹介をしていただきました。

 

「ピアマスター(YPSがピアスタッフやピアサポーターの育成を目指すために開講した現場実習を含んだ講座)の中でみんなが楽しめるようなイベントを考えている。」

「サポートする相手の方にはいつも勉強させてもらっている、歩み寄る気持ち、喜んでもらいたいという気持ちで接している。」

「グループホームの入居者さんの話し相手をしている。」

「サポートの形は一つじゃない。」

 

いろんな方の声を聞きましたが、心の中でうんうんうん、そうだよねそうだよねとうなずきまくっていました。

自分が普段感じていることと共通することがたくさんあり、いろんな場所で同じ気持ちを抱いている仲間がたくさんいるんだ、とうれしく心強く感じました。

 

ほかにもYPSと福島ピアの方々との質疑応答、グループワークでグループに分かれていろんな方とお話を交わす時間(私は結婚のメリット・デメリットを話し合うグループ、ふるさと自慢を話し合うグループに参加しました)や、YPSの方々の楽しいゲームや一芸(ラップやウクレレ演奏など)もありたくさんたくさんうなずいたり笑ったり癒されたりしました(*´ω`)

17:00の終了まで、みっちりつまった研修でした。

会場を後にしようとした際、ふと外に目を移したらとてもきれいな夕焼けを見ることができました。

帰りのバスも楽しい雰囲気で、たくさんお話しながら無事横浜駅へ到着し家路につきました。

今回の福島の研修で、福島と横浜のピアサポーターの方々がどのように活動しているのか、またピアサポーターの雇用の問題点について知ることができたこと、そして福島の皆さんとYPSの皆さんの暖かくて楽しく優しさ溢れる雰囲気に触れることができたことがとてもうれしいことでしたし、大切なことでもあると感じました。

当事者会の横のつながりを広げること、各地の当事者の意見や気持ちを聴くこと、情報を共有し合うこと、行動を起こすことで私たち当事者の生きづらさは徐々に減らせるはず。そして精神障害当事者だけでなく社会全体が優しい世の中になっていくのではと、そんな予感がしました。

今回研修にお声がけくださいました横浜ピアスタッフ協会の堀合研二郎様並びにYPSのメンバーの方々、福島の方々、大変有意義な時間をありがとうございました。

この場を借りて、お礼を申し上げます。

(ともちん)

【報告】第19回ポルケお話会開催

2018年6月23日(土)13:30~15:30@東京都障害者福祉会館

こんにちは、ポルケ運営メンバー毛利です。

暑い日が続く一方で夏祭りやプールのイベントの時期は毎年心が躍りますね。

海だ山だプールだ祭りだと、今年は全部行く予定です。ふふふふふふ。

ただはしゃぎすぎて先日なんねんかぶりに38.7度の熱が出ました。

クーラーのせいで温度差が激しいですし、ご体調には十分にお気を付けください。

 

今回のお話会は初の試みで事前にテーマを決めてお話会を開催しました。
テーマは働くということ。
参加者は10名、20代から50代まで男女まぜこぜで、2グループに分かれて意見を出し合いました。

まず障害をどのように伝えるかを話し合いました。
職場の方々と親しい家族友人とは伝え方を変える、という方が多いようです。

私のグループでは人を選んで伝える、理解のある人に理解のない人への啓蒙?を手伝ってもらう、といった意見が出ました。

そしてどんなサポートが欲しいか。

1就労支援を受ける時

2就職活動中

3実際に働くとき、

この3つのフェーズでアイデアを出し合いました。
1では、相談したうえで適職を考えてほしい、言語化を手伝ってほしい、ビジネスマネーを学びたいといった意見の中、働かないことも視野に入れてほしい、といったものもありました。

2では、職場の理解があることを期待する意見が多く出ました。また勤務時間の事前確認や職場のお試しといった案もでてきました。

3では、責任者だけでなく現場の仲間に理解してもらうための機会が欲しいという日常の理解から、自由なシフトやラインスタンプで取得できる休み、いつでも直帰できるルール等、緊急時対応のための制度に関する意見もでました。

いつもより時間の経過が早く感じた、自分じゃ気づけないところを文言化できた、等うれしい御意見を頂きました。

私自身も今年の春、就職活動をする中で沢山考えるところがありました。

人生における働くとことの重要さは健常者も障害者もひとそれぞれです。

でも私のように社会的地位が欲しい野心的な障害者にとって、オープンにできない社会があるのが現実だなあと思います。

配慮を求めるためにはまず言語にして訴えることが必要です。

それがとても難しい精神障害をお持ちの方も多いかと思います。

今回のお話会で言葉にしていくお手伝いが出来たのであれば、私はとっても嬉しいなあと思います。

次回は一転、恋愛というカジュアルなテーマですが、ちょっとでも気になる方は是非是非ご参加くださいね。

【報告】ポルケ第3回学習会「当事者性を活かした支援・働き方とは?~ピアスタッフの現場から~」

(企画概要)

今年度、精神障害当事者会ポルケ(以下、当会)では、精神障害者の当事者性に即した経験と見地を十分に発揮した権利擁護活動を行う共助人材の育成を行うための基礎知識の学びとして、「コミュニケーション」「意識啓発」「実践の学び」にフォーカスした連続企画を、ボランティア・市民活動支援総合基金ゆめ応援ファンドの助成のもとに実施した。
今回はその第3回目として、「当事者性を活かした支援・働き方とは?~ピアスタッフの現場から~」と題して学習会を開催した。ピアスタッフ(当事者の対場を表明して福祉職員として従事する者)として活躍をされる横浜ピアスタッフ協会の方々に現場報告をいただいた。近年、ピアサポート人材の確保が、精神保健福祉にかかる厚労省の指針にも謳われたように、ピアサポートのあり方に大きな関心が集まっている。他方で、既存の精神保健福祉体制のもとでのピアスタッフの仕事としての関わりに矛盾や限界を指摘する声も聞かれる。実際、本学習会実施の前週には大阪医療人権センター主催「精神科病院に入院中の人々のための権利擁護の実現に向けて ~日精協によるアドボケーターガイドラインはあかん!!!~」と題した院内集会が行われた。
今回講師には、YPS協会の堀合悠一郎 さん、堀合研二郎 さん、瀧沢賢広 さん、住友健治 さんをお招きした。日頃の支援の様子や当事者性を活かした支援という副題に対しての見解などをそれぞれお話しいただいた。後半は、クロストークを交えながら、フロアーからの質問にもお答えいただいた。

 

(実施日時・会場)
日時:2018年2月10日(土)13:30~16:00 会場:入新井集会室 小集会室


(対象及び参加者)
 対象は精神障害当事者に限定せず、関心者も含めたものとした。日頃から実施をしている当会主催のお話会(精神障害当事者を参加限定とした交流会)の参加者や地域活動に関わる人など、広くWEB媒体を通じて声掛けを行った。後援団体・助成元にも広報協力をいただいた。

一時は定員を上回る申し込みがあった。一方でキャンセルが多く、対象属性も考慮した運営を課題としたい。最終的に参加者は32名であった。

 

(今後に向けて)

当会として提供した厚労省科研費調査ではピアスタッフの現状課題として、“ピアスタッフの同僚が少ないことでの職場での孤立”や“サービス利用者との距離感の保ち方”等が挙げられていた。今回のYPSからのレポートは、国内のピアスタッフが抱えている課題を払拭するような好例についての報告が多数あったように思う。事業所内に複数のピアスタッフがいること、ピアスタッフが誕生するまでのプロセスが利用者にも「見える化」されている点は、特に印象的で、参加者からの同様の感想も目立った。また、ピアの支援の優位性に対しては直接支援の在り方よりも、職員と利用者との固定しがちな力学関係の脱構築に資するとの報告もいただいた。福祉全般が抱える「支援をする人、される人」といった関係性を超える在り方の示唆をいただいたようにも思う。(そもそも「支援」というフレーズ自体に違和感があるとの意見もあった)

日本ピアスタッフ協会の活動状況についてもレポートもいただいた。別所では、昨年の同協会のフォーラムでは倫理綱領づくりの分科会もあったと聞く。ピアスタッフが存分に立場性を活かし、充足した支援ができるようにサービス利用者としても今後大いに関心を持ちたい。

ところで、ピアスタッフに対して否定的な感情をいただく当事者も一定数いる。経験したリカバリーストーリーを一般化されて困った、健常者支援者よりも抑圧的といった類の話も聞く。ポルケとしては、福祉サービスユーザーの視点から、ピアスタッフのあり方、ワークスタイルについても引き続き関心を持っていきたい。(文責:山田)

※なお、当日の音声記録をホームページでアップロードを予定している。

(アンケート結果抜粋)

・ピアに関する学習会に参加すると、支援者としては肩身の狭い思いをすることもあるのですが、

本日の学習会はどの立場でも参加して勇気づけられとても勉強になる内容だったと思います。

ありがとうございました。

・自分の思いで仕事にも活動にも工夫して取り組んでいるスタッフさんの姿を見ることが出来て楽しさの共有とか自ら新しいものを創り上げている姿を見ることが出来て良かった。

自分も含め沢山の可能性を感じることが出来た。

・ピアスタッフの現状について詳しく聞くことができた。

メンバー側がピアスタッフをどう活用したらよいのかについてもう少し話が聞きたかった

(運営)

◇主催:精神障害当事者会ポルケ

◇後援:全国「精神病」者集団、大田障害者連絡会、おおた区民活動団体連絡会、おおた社会福祉士会

◇助成:2017年度 ボランティア・市民活動支援総合基金 ゆめ応援ファンド

 

20180210精神障害当事者会ポルケ第3回学習会報告書