障害福祉サービス

1/2ページ

コラム:おおた障がい施策推進プラン(素案)パブリックコメントについて

おおた障がい施策推進プランのパブリックコメントが年末から年始の期間に行われました。 おおた障がい施策推進プランは、大田区障害者計画、障害福祉計画、障害児福祉計画、発達障害児・者支援計画を包括した行政計画です。障害福祉計画改定のタイミングに合わせて3年に一度見直しがされます。区市町村は、国の指針に基づき、地域課題に鑑みた策定がもとめられています。お住まいそれぞれの地域で改定が行われているところかと思 […]

移動支援従業者養成研修(大田区主催)講師を担当しました

昨年に続き、知的障害者移動支援従業者養成研修課程の1コマで精神障害理解をテーマに講義を担当する機会をいただきました。   本養成研修修了者は、移動支援(ガイドヘルプ)のサービス提供が可能となります。 この従事者養成研修は知的障害者~とありますが、精神障害者へのサービス提供が可能となるものです。 にもかかわらず以前は、精神障害のことについては講義で扱われることは少なかったようです。 養成研 […]

東京工科大学での授業協力を行いました(2019年12月)

ポルケの仲間たちが、東京工科大学の授業でゲスト講師を務める機会をいただきました。 作業療法士を目指す学生さんたちに向けて、それぞれの当事者としてのありのままの経験や想いを語りました。 ー当事者である前にひとりの人間として、接してくれると嬉しいなー そのような投げかけに深く頷いてくれた学生さんもいて、頼もしく思いました。 これからの現場の実習が始まるようです。 今までの勉強の見地を活かされて、当事者 […]

2021年障害福祉サービス報酬改定にむけての要望

障害福祉サービスは身近な社会資源 障害福祉サービスは地域生活を支える社会資源としてなくてはならないものです。 これからのステップのための就労支援系サービス、退院先のグループホーム、家事援助等の居宅介護などなど、精神障害がある私たちにとっても身近なものになってきました。 今利用していなくても、いざ利用できるという安心も含めて、大切なセーフティーネットです。 なお、ポルケでは、移動支援サービスの連絡会 […]

大田区精神保健福祉地域支援推進会議委員・コア会議委員を務めることになりました(2019年~

大田区精神保健福祉地域支援推進会議委員・コア会議委員を務めることになりました(2019年~ 国が定める第5期障害福祉計画にある「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの協議の場」として発足しました。 会議の動向などは追ってまたご報告します。 ▼大田区ホームページ協議会に関する要項 目的:精神障がいがあっても、地域の一員として安心して自分らしい暮らしをすることができるよう、精神障がいにも対応した地 […]

介助をつけての社会参加を実現するための院内集会(動画あり)

「介助をつけての社会参加を実現するための院内集会~障害者の完全参加と平等にむけて~」に参加しました。(2019年10月10日) 主催は、れいわ新選組の船後議員・木村議員。 様々なジャンルの障害者団体、与野党の数多くの国会議員など、多くの参加者とともに熱気ある集会となりました。 これからの取り組みに向けて、参加者が気持ちを同じくする場になったと思います。 全国「精神病」者集団のメンバーとして、ご挨拶 […]

【コラム】知的障害者の自立生活声明文プロジェクトとの関わり

プロジェクトの取り組み 知的障害者の自立生活声明文プロジェクトが、俄かに注目されています。発足間もなくして弊会の山田も精神障害当事者として、関わりを持ってきました。このコラムでは、プロジェクトの紹介とともに、なぜ精神障害当事者が知的障害者のことに関わっているかについて気持ちの部分も含めてお伝えできれば思います。 プロジェクトは、2016年頃に東京城南エリアの知的障害者支援を営む支援者等を中心に発足 […]

大田区自立支援協議会 地域生活部会の委員を務めることになりました(2019~

大田区自立支援協議会地域生活部会の委員を務めることになりました。 今年度から部会の構成が5つから3つになりました。 部会の下部構造にワーキンググループが設置されました。 障害福祉サービスのリスト提供をテーマに新しいグループ設置を提案し、グループリーダーを務めています。 目下。部会でそれぞれ検討されてきた課題を引き継ぐとともに、障害のある方、そしてご家族が「住み慣れた地域で生活を送る、暮らし続けるた […]

東京工科大学での授業協力を行いました

大学の授業に協力をする機会をいただきました。 ポルケの活動の拠点である大田区にある東京工科大学では、看護士や作業療法士を育成するカリキュラムがあります。 去年、区内で実施された映画上映会の取り組みから、大学の先生とのご縁をいただいています。 作業療法のトレーニングを受ける学生さんたちの利用者の聞き取り練習を兼ねた模擬面接に当事者11人が参加しました。 20代から60代まで、診断名もそれぞれで男性3 […]

2019年度 都民精神保健啓発シンポジウム(主催:東京つくし会)

「誰でも安心して住める地域社会ー当事者、家族、支援者が共に考える仕組み」と題したシンポジウムで登壇の機会をいただきました。   100人近い来場があり、会場は熱気にあふれていました。 当事者・家族・支援者、それぞれの視点からの取り組みや課題意識について、改めて学びとなりました。 活動の取り組みとともに、福祉サービスの利用のしにくさ、解消にむけての取り組みについて、「大田区障がい実態調査( […]